できるだけがんばらない一人暮らし

すぐ真似できる一人暮らしのアイディア集

団地の押し入れは服が収納しづらい→服を収納しないことにしたら解決しました

団地の押し入れは、収納力がめちゃくちゃあるのはいいのですが、ハンガーパイプがないので服がかけづらかったり、奥行きがありすぎるせいで湿気や埃が溜まったりします。

いろいろ考えたのですが、「押し入れは服の収納には使わない」ことにしたら解決しました。(解決と言えるのか?)

押入れ用のつっぱり棒ってこういうやつだけど

団地の押入れは、クローゼットのようにハンガーパイプがついていないので、突っ張り棒などを活用して自分でつくる必要があります。

横幅が結構あるので、横向きにハンガーパイプをつけるには、こういう結構大袈裟なものを設置しないといけません。そんなにたくさんかける服もないし、見た目もよろしくない。

それで、シンプルな黒の強力つっぱり棒を買って、「縦向き」に設置して半分を衣類、半分はデスクのように使ってました。

f:id:tamura38:20210325110507j:plain

こんな感じ(ごちゃごちゃ)

f:id:tamura38:20210326124846j:plain

でもやっぱり取りづらい……

上の写真だと襖をはずしてるんですけど、うちの間取り的に襖を置いておくところがないしごちゃごちゃしてるしで襖は戻すことにして、そうすると、いつも薄暗い中からゴソゴソと服をとる感じになって、すごく使いづらかったんですよね。埃も湿気もたまるし。無駄に広い押入れ使いづらい……

 

「もうひとつの収納」を使えばよかったんだ

団地の収納実例を見ていると、押入れをうまく活用している人もいるんですが、「押し入れは服の収納に使ってない」人も結構いて、「あ、そうか」とちょっと鱗が落ち、うちでも試してみることにしました。

 

f:id:tamura38:20110607182938j:plain

よくある団地1DKの間取りはこんな感じなので、押入れとは別にもうひとつ収納があります。なんとなく既成概念で、こっちには「服じゃないもの」を細々と収納したり、ゴミステーションにしたりして使ってたんですが(匂いがこもるのですぐやめた)、こっちをクローゼットにしたらだいぶ取り出しやすいんじゃないか?

 

f:id:tamura38:20211120123525j:plain

というわけでこうなりました。大幅改善。

こっちの収納は、持ってる服の量にほぼぴったりのサイズ感(一般的な一人暮らし部屋のクローゼットのサイズ感に近いので、当たり前)。服と身支度に必要なアイテムだけをここにコンパクトにまとめることができて、とてもよかった!

なんとなく寝室にある収納を使わなくちゃいけない気がしてたんですが、玄関、バスルームに近い場所にクローゼットがあるので、むしろ動線的にも便利になりました。

f:id:tamura38:20211120123508j:plain

押し入れはこんな感じで、バンカーズボックスに入れてある書類やそのほか細々としたものが全て集まった場所に。なぜか収納できるスペースが大幅に増えた(デッドスペースがなくなった)ので、玄関に積んであったキャンプ用品まで収納できるようになりました。最高や。

 

というわけで、団地の押入れ、使いづらければ無理に服の収納に使わなくてもいいかもよ、という話でした。

押入れ以外に収納スペースがないという場合も、服が少なめであれば、ハンガーラックとかを活用して、服の収納は別の場所に作っちゃってもいいかもしれません。

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0